基本情報
〒891-0621
指宿市山川利永172番地2
TEL 0993-35-9002
FAX 0993-28-3130

プロフィール

フォトアルバム

利永小学校

 本校区は,指宿市西部に位置し,南西に秀峰開聞岳を仰ぎ,北部は池田湖に接している。周辺は広々とした畑作地帯を配した風光明媚な風景をなしている。古くは今和泉村に属し,その後に利永村として独立した経緯があり,「利永琉球傘踊り」などの郷土芸能や「メンドン」「ダセチッ」など独特な伝統行事も残っている。

« 2015年7月 | メイン | 2015年10月 »

2015年8月

2015年8月11日 (火)

利永集落六月灯

7月19日

 利永集落の六月灯は,利永神社で毎年この時期に行われていて,出店や舞台もあります。

 利永小学校の子どもたちの振り付きの歌を皮切りに,集落の方々の歌や踊りがありました。

 保護者はストラックアウトと輪投げで,六月灯をもりあげていました。

 日が暮れると,子どもたちが一人ひとつずつ作った灯籠や地域の方手作りの大きな灯籠にも火が入り,楽しい夏の夜となりました。

P1130486

P1130503

2015年8月 8日 (土)

ヒラメの放流(3・4年生)

7月13日・14日

 13日に漁業に携わる地元の方に講師として来ていただき,水産業全般も含めたヒラメ等の養殖について事前授業を行いました。自分たちが魚を食べることも大切だと分かりました。

 翌14日は,約10cmに成長したヒラメの稚魚を山川港にて放流しました。

 水産業の発展のために,マダイやヒラメの放流事業や漁場となるアマモの栽培等にも取り組んでいらっしゃいますが,放流したものの多くは,より大きな魚などにたべられてしまうそうです。

P1130308

 最後に,山川町漁協の冷凍冷蔵庫の見学でマイナス50度の冷凍庫にも入りました。カチコチに凍ったカツオも見せてもらいました。

 子どもたちは,自分たちが放流したヒラメが大きくなるといいな,と感じるとともに,漁業に携わる方々の魚を育てることや魚をとってからの工夫や努力について知識を深めることができました。

着衣水泳

7月11日

 着衣水泳(水難事故防止教室)を実施しました。

 水泳着での泳ぎと着衣での泳ぎを実際に体験したあと,ペットボトル等で浮く練習をしました。

 水難事故にあったときのキーワードである「浮いて待て:”uitemate”」を実際に体験することで万が一,落水したときも慌てずに「浮いて待つ」ことができると思います。

P1130171

地図情報